オーストラリアタックスリターン2020年度版

タックスリターンとは、オーストラリアの法律で義務付けられた確定申告です。

2020年の会計年度内に収入があった方が対象する方です。オーストラリアの会計年度は、7月1日から翌年6月30日で区切られています。

2020年の場合、2019年7月1日から2020年6月30日の間に得た収入を、2020年7月1日から10月31日までの間に、タックスリターンとして申告する必要があります。

ただ、タックスリターン(税金が戻ってくる?)とはいえみんながみんなお金が返ってくるわけではありません。ただ、申告をする。ということだけです。もちろん何千ドル返ってくる人もいれば、0の人もいるし、プラスで払わなければならない人もいます。

それは会計士さんに頼んで見てもらうほうが確実だと思います。

今回は、学生ビザとワーキングホリデービザの方たちの申告の方法です。

学生ビザの方たち

6ヶ月未満のコースを受講する学生ビザの方は「非居住者」、6ヶ月以上のコースを受講する学生ビザの方は「居住者」扱いとなります。

また、オーストラリアの学生ビザは「2週間で40時間内」という条件があります

オーストラリアの学生ビザで6ヶ月以上のコースを選択していると法律上、

・永住権
・オーストラリア人
・ビジネスビザ

と同じ税金の計算方法です

メディケア税(国民医療保険)の税が免税されるためオーストラリア人、永住権の方より税金額は少なくなり、返金は多くなります。

ちなみに、半年未満のコースを選択した場合は税率が6ヶ月以上のコースと変わります。

6ヶ月以上の場合は税金はかかりませんが、6ヶ月未満のコースは32.5%の税金が発生します。ただ、あなたがこれまでに所得した金額によって税率がかわります。

自分自身、$1800くらい返ってきました。

他の子は、$2850返ってきた子もいました。学生ビザの方は是非タックスリターン をしてみてください!!

ワーホリのビザの方たち

課税所得が37,000ドルまで、かつ全ての収入に対し15%の税金が引かれている場合、ワーホリはタックスリターンの申告義務がありません。なので、申告しなくても大丈夫ですという事です。

自分自身ワーホリ時代にeasy TAX onlineで申請したところ、戻ってくるお金は0でした。

友達によっては750ドル返ってくる子もいるし、プラスで支払った子もいました。

なので、無理に申告しなくても良いと思います。

タックスリターンの源泉徴収の受け取り方

去年までは、自分の勤務先の会計士の方からメールなどで受け取る事が出来たのですが、今年からタックスリターンの仕様が変わってます!

まず、myGovにアクセスして登録をしてからそのサイト上で受け取ることができます。

下記リンクです↓

https://my.gov.au/LoginServices/main/login?execution=e1s1

タックスリターンの申請方法はしっかりとした登録会計士さんに任せるのが1番の方法です。個人で申請するのも良いですが問題があった時などを考えるとしっかりとした会計士さんにお願いする方がいいでしょう。

オーストラリア人の約75%の方達は登録会計士さんの方に任して申請しています。メリットデメリットは下記の通りです

タックスリターンの申請方法

登録会計士に頼むメリット

日本語対応可能な会計士さんに頼むことができ、トラブルに巻き込まれたときにもしっかりと対応してくれる。

時間と手間が省ける。

デメリット

手数料を支払わなければなりません

おすすめ登録会計士

まず、日本人の方の利用数が多いeasy Tax online です。とても見やすいサイトで申請の方法もとても簡単です

日本人の経営者なので安心感はありますよね!

https://ezytaxsolutionsjapan.com.au/personal/

費用          58ドル

必要日数        2週間前後です

もう一つは、Express tax office です。

少しサイトは見にくいのですが、費用がeasy TAX onlineよりも若干安くなっています!

カップルの方達は割引があるのでおすすめかも!

https://www.eto.net.au/mobile/index.php?lang=jp

費用     50ドル(カップルでの申請は1人40ドルずつです)

       学生割引もあります!ただ半年以上学生ビザではなければなりません。学生割引40ドルです

必要日数    1週間から2週間です

まとめ

これで、タックスリターンの申請方法ができると思います。

myGovから登録して源泉徴収を受け取りその後、登録会計士の方に頼んで申請。

https://taews888.com/?p=90

それか、源泉徴収を受け取り自分で申請するという形が取れると思います。

登録会計士ではなく、無資格の方々がやっている会社などもありお金を騙されてとられてしまった方など被害があるそうなので、しっかりと登録会計士の方に頼む事が重要です。

みなさん、オーストラリア生活楽しんでください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です